リボルビング払いってなんですか?

リボルビング払いとは毎月一定の金額を返済していく支払い方式で、リボ払いと略して使われることが多いです。
毎月の返済額が一定となりますので月々の支出が一定となり管理しやすく返済計画を立てやすいと言うメリットが有ります。
分割払いとは異なり、利用残高に対し金利がかかり使用すればするほど手数料が増えていくというデメリットが有ります。
リボ払いは分割払いと混同されやすいですが、分割払いは始めに支払回数を決めて支払っていく方式で、利用可能額が増えれば毎月の返済額が変わっていきます。
例えば6万円の品物を3回払いで購入した場合、毎月の返済額は2万円となりますが翌月に10万円の品物を5回払いで購入すれば返済額は4万円となります。
一方リボ払いは利用残高が増えても毎月の返済額は一定で変わりません。
例えばリボ払い可能枠が20万円だとして最初の月に2万円使って翌月に5万円使ったとしても利用額が20万円を超えないかぎりは返済額は変わらないというものです。
しかしトータルで見れば支払う手数料が増えているわけで総支払額が多くなり損してしまうということを忘れてはいけません。
毎月の支払額が少額かつ一定であるため金銭感覚が狂いやすいので注意が必要です。参照サイト

リボルビング払いってなんですか?

石巻信用金庫カードローンってどんな特徴があるの?

宮城県に本店を構える石巻信用金庫は1928年に設立された信用金庫です。
運営するカードローン「石巻信用金庫きゃっする」は専業主婦の利用も可能と気軽に使えるのが特徴のカードローンです。
借入限度額は50万円以上最高500万円以内、融資期間は3年とゆとりを持った借り入れと返済が出来ます。
パソコン・スマートフォン・携帯電話・FAXと多彩な申込方法が用意されており、パート・アルバイト・専業主婦の方も申込むことが出来ます。
仮審査の申し込み手続きは来店不要となりますが、契約は窓口で行う必要がありますので、来店の際は必要書類を持参することをお忘れなく。
審査結果は原則即日回答となりますが、融資までその日に実行するのはかなり厳しいです。
信用金庫で即日融資している所は殆どありませんので、急ぎの方は別の金融機関のカードローンを検討する方が良いでしょう。
必要書類は運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と収入証明書です。
融資利率は年14.5%の一律です。
信用金庫のカードローンにしては金利が高めなのがチョット残念ですね。
ただその分審査は利用者に合わせた柔軟な対応してくれるとのことですから利用しやすいのかもしれません。
また石巻信用金庫の公式ホームページではカードローンの詳細の確認が取れず、利用希望する人にとってわかりにくいのも残念です。
ローン商品の詳細が確認できないと安心して申し込めませんよね。
石巻信用金庫を普段から利用されている方であればローン契約を行うことに抵抗はないかもしれませんが、初めて利用するという方にはちょっと抵抗を感じるかもしれませんね。興味がある人はコチラへ

石巻信用金庫カードローンってどんな特徴があるの?

親和銀行カードローンってどんな特徴がある?

ナイスカバーは親和銀行が提供するカードローンサービスです。
主な特徴は300万円まで収入証明書不要、専業主婦申し込みOK、来店不要で申し込み可能の3点です。
銀行カードローンは総量規制の影響を受けませんので収入証明書提出条件を書く金融機関で独自に決めることが出来ます。
多くの銀行では申込金額100万円以上で収入証明書の提出を求めていますが、親和銀行カードローンは300万円まで収入証明書の提出がいりません。
本人確認書類とは違って収入証明書は準備に手間がかかりますから、これの提出がいらないのは利用者にとって嬉しい限りですよね。
カードローンが基本的に本人に収入がないと申込むことが出来ません。
これは当然のことで、借りたお金を返せないからです。
ですが専業主婦の場合は例外措置が用意されており、配偶者に収入があれば申込可能としています。
もちろん銀行カードローンならどこでもOKというわけではありませんが、親和銀行カードローンは専業主婦のも申し込みも可能です。
また一般の方でも、安定した継続収入があれば申込可能としています。
つまり正社員でなくパートやアルバイト、派遣社員の方でも問題なく申し込めるということです。
カードローンを利用する上で金利や限度額はもちろん重要ですが、申込みのしやすさも重要です。
特に地方銀行の場合、申込みはインターネットで済ませることが出来ても契約は必ず窓口でないとダメというケースが非常に多く手間がかかります。
ですが親和銀行カードローンなら銀行口座を持っていれば申込みから契約まで全てインターネット上で完結させることが出来ます。
わざわざ窓口に出向かなくても借り入れができるようになりますので非常に便利です。興味がある人はコチラへ

親和銀行カードローンってどんな特徴がある?